さらば鉄人






a0248182_02565885.jpg















投球数が100球を超えたら"そろそろ交代かな”などと思いながら観戦する今のプロ野球。
プロのスポーツ選手はスーパーマンでなくてはならないのに、今は普通のサラリーマンに思えてしまいます。
定時(100球)になったら"お疲れ様~”みたいな感じでしょうか。

衣笠さんといえば連続試合出場記録が有名ですが・・・
死球を受けた時、投手を睨みつけたり威嚇するどころか"気にするな!”といった感じで何事も無かった様に一塁に向かう姿が印象に残っています。
ぶつけた投手を気遣う振る舞い。
なかなか出来る事ではありません。

本人は"常に完投したい!”と思っていても現代は無理かもしれません。
だってそういう時代だから。
江夏の様にマウンド上でふてくされるぐらいのプライドを持った選手も現れないでしょう。
だってマスコミだけでなく一般人にもネットで批判されるから。
でも、死球を投じた投手を気遣いながら一塁に歩くのは可能なのにそれをやる選手はいない。
いや、きっと出来ないのでしょう。
それが普通に出来ちゃう衣笠さんはやはりプロの中のプロ。
憧れのスーパーマンでした。















a0248182_02575413.jpg















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“お城”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

写真(全般)ランキングへ
















[PR]
by keta871 | 2018-04-28 03:03 | Comments(0)
<< ヒー様 宇和島城 その34 >>