人気ブログランキング |

ここが二重橋・・・






今年のゴールデンウイーク前、静岡県浜松市の茶畑で大規模な地割れがあったニュースを憶えておりますでしょうか?
テレビやネットのほとんどは“浜松市天竜区”までしか報道されませんでしたが、もう少し詳しく言うと“浜松市天竜区春野町”で浜松市への合併前の旧・春野町という所です。
はい、私の故郷です。

その春野町では子供からお年寄りまで、いやいや物心が付いていない子供以外の全町民が踊れる踊りがあるのです。
幼稚園に入園したら、小学校に入学したら、住民票を春野町に移したら、まず最初に教えられる必須科目がこの踊りで、町の行事や催し物、各学校の体育大会などで100%の確率で輪になって踊っておりました。
この踊り、「春野音頭」と申します。
これが踊れないと春野町民ではありません。
で、この「春野音頭」を歌唱しているのが島倉千代子さんなのです。
昭和40年、現在は跡形もない宮川小学校で大々的に発表会が行われたそうです。
昔も今も、汽車や電車なんていうものは通っておりません。
今でこそ道路も舗装されたりして良くなっておりますが、その当時はクネクネた山道やらガタガタした砂利道などで町外から来るのも車酔いする程難儀だったド田舎に、あの島倉千代子さんがお越しになって歌を披露して下ったみたいなのです。
私が生まれる遥か(?)昔の話です。

少し前、無性にこの「春野音頭」が聞きたくなりまして・・・
You Tubeにアップはされておりましたがもう少し良い音で。
きっとその当時は一家に一枚は購入したんでしょうね、我が家にもありました昔懐かしEP盤、又は今だったらCDになっているかもしれないという淡い希望を抱きながら探してみました。
何しろそんなにメジャーではない曲ゆえ、ネットでも情報が少ないのです。
その結果、EP盤は地元の友人に問うても壊滅的。
当然ながらヤフオクでも出品される気配はありません。
そして、“歌手生活40周年記念 愛・歌・心 島倉千代子大全集”というCDに奇跡的に収録されているという情報を得るのです。
ところがそのCD、25枚組の超大作で既に廃盤 (ToT)/~~~
でもでも、根気よくヤフオクにチェックを入れて諭吉さん数名をつぎ込んで落札する事が出来、念願のクリアな音の「春野音頭」を手に入れました。
たったその1曲を聞きたいが為に苦労しましたが、それがコレクション魂であり手に入れた時の喜びもひとしおなのだと懐かしい思いでした。
今は簡単に詳しい情報や物が家に居ながら手に入る時代ですからね。。。















a0248182_9391018.jpg
















二重橋前。
日本の首都、東京のど真ん中で島倉千代子さんの名曲を通じて故郷を想うのです。
いろんな御当地ソングを歌われていた島倉千代子さん。
ここで私と同じ様な想いをされている方、多数おられるのではないでしょうか・・・















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“モンブラン”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
by keta871 | 2013-11-09 10:11 | Comments(2)
Commented by あい at 2013-11-10 01:31 x
訃報に触れ、島倉千代子さんの歌う「人生いろいろ」が頭に流れ、この曲の流行っていたころのことを色々思い出しました。
音楽って、記憶を呼び戻してくれますよね。
ミノルさんにとっては思い出した音楽が「春野音頭」だったんですね。
きっと春野音頭とともに、故郷の思い出が溢れだしたんじゃないでしょうか。
Commented by keta871 at 2013-11-10 02:18 x
あいさん
“春野町の国歌”を歌っている島倉千代子さんは“おらが町の国民的歌手”だと勝手に思っています。
ですから歌手の中でも特別な存在でした。
私が生まれる前の歌も知っていますが、それだけ長く歌い継がれている名曲だという証拠でしょうね。
素敵な歌をありがとうございました (^_^)・・・です。
<< 北の庄城 その1 柴田勝家公像 その5 >>