<   2014年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧

明智光秀像 その2






a0248182_10302292.jpg
















この歌を入手したい・・・と思ったものの、果たして商品化などはされているのでしょうか?















a0248182_1033494.jpg
















ありました。
買っちゃいました。















a0248182_10315731.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-31 11:11 | Comments(0)

明智光秀像 その1






a0248182_1214843.jpg
















ここは明智光秀の居城「坂本城」本丸付近の公園です。
光秀像の傍らに・・・以前訪れた時にはこんな立派な石碑、それも明智光秀を謳った歌碑なんてございませんでした。
更に、歌うは鳥羽一郎。
御当地ソング大好きに人間とっては入手せずにはいられません。















a0248182_123297.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-30 12:12 | Comments(0)

天が下しる 五月哉






“ときは今 天(あめ)が下しる 五月哉”

この方がこの句を詠んだのが5月末のちょうど今頃。
決意を固めてから決行までの数日間、一体どんな想いで過ごしていたのでしょうか・・・
完全に割り切っていたのでしょうか?
自分自身を鼓舞していたとはいえ、まだ迷いがあったのでしょうか?
歴史に興味を持つ様になってから、毎年この時期が来るとそんなことを想ってしまいます。















a0248182_12583117.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-29 13:13 | Comments(0)

菩提山城 その9






a0248182_13462875.jpg
















“三成に過ぎたるもの”(石田三成にはもったいない)と称された猛将・島左近。
左近は“関ヶ原の戦い”で黒田官兵衛の息子の黒田長政隊との戦いで負傷、そして死亡したとも伝わっております。
西軍の大将・石田三成の側近を倒した長政ですが、この武功にも実は竹中半兵衛が係わっていたのです。
この時、長政が被っていた兜は“一の谷形兜”で半兵衛の形見の兜。
そして、信長が松寿丸(子供時代の長政)処刑の命を下した時、半兵衛は長浜から居城である菩提山城下へ松寿丸を匿う為の移動中に関ヶ原に寄り、詳しい地形や陣立ての方法を松寿丸に伝授したという話もあります。
その長政らの活躍により仕えていた豊臣家が滅ぶきっかけとなってしまったのも皮肉な事ではありますが、半兵衛の魂は長政の体を借りて関ヶ原でも生きていたという事かと思います。

「菩提山城」、ひとまず“完”です。















a0248182_13474616.jpg
















a0248182_1348575.jpg
















a0248182_1350044.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-28 14:14 | Comments(0)

菩提山城 その8






a0248182_9372816.jpg
















大河ドラマ“軍師官兵衛”での徳川家康役がまだ決定していないからそろそろ決めてね!
と、このブログで愚痴ったその日、家康を演じる役者さんが発表されました。
寺尾聰さんです。
俳優としての御活躍や素晴らしさは説明する間でもありませんが、私の様な“ベストテン世代”には俳優さんというより歌手の印象が非常に強く残っています。
“歌謡史史上最強の歌”「ルビーの指環」の他、同時期にもう2曲ベストテンにランキングされた週も何週かありました。
「シャドー・シティ」、「出航 SASURAI」という曲ですが、この2曲が「ルビーの指環」以上に私は好きで、特に「出航 SASURAI」は城めぐりでさすらっている時によく聞いております。

♪いつの日かこの俺も 命尽き果てるなら
あの雲に任せて 遥かにさすらい歩く
生きてゆく道づれは 夜明けの風さ♪

名曲中の名曲かと・・・















a0248182_9383798.jpg
















a0248182_9392962.jpg
















a0248182_940312.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-27 10:10 | Comments(2)

菩提山城 その7






a0248182_53064.jpg
















生まれつき病弱だったという「菩提山城」城主の竹中半兵衛さん。
次週の放送あたりで天寿を全うしそうな雰囲気であります。
自分には残された時間が少ない事を察して、その想いを黒田官兵衛、そして官兵衛の息子の松寿丸(後の黒田長政)らに伝えています。

もしも、半兵衛がもっと長生きしていたら・・・
官兵衛も大河ドラマの主役を張る程台頭していなかったかも、
半兵衛自身も出世に貪欲になり、秀吉から疎まれる存在になったかも、
事実上一代で終わった豊臣時代がもっと繁栄し、徳川の時代が無かったかも、
いやいや、そもそも“本能寺の変”すら無かったかも、、、
などなど、いろいろ妄想してしまいます。
半兵衛の生死で時代が大きく動いていたであろう、そういう存在だったと思います。















a0248182_5353738.jpg
















a0248182_5365685.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-26 06:06 | Comments(2)

菩提山城 その6






a0248182_9525259.jpg
















まだ間に合う!大河ドラマ“軍師官兵衛”!
物語も中盤に差し掛かり、官兵衛自身も人生で最も辛い時期を迎えております。
な~んだ、もう半分過ぎたから今から観ても遅いじゃん・・・
なんて事は決してありません。
人生のどん底の今からが最も面白くなるのです!















a0248182_954553.jpg
















播磨(現在の兵庫県南部)は姫路城主の黒田(この当時はまだ“小寺”)官兵衛。
世は戦国乱世。
西からは名門・毛利軍、東からは織田軍に挟まれた播磨の諸大名はどちらに付くかの選択を迫られておりました。
“時の勢いは織田にあり!”と、織田方に付いた官兵衛は自らの主君である小寺政職をはじめ調略により東播磨の諸大名ほとんどを織田方に付かせる事に成功します。
が・・・

東播磨の最大勢力である別所長治が突如毛利方に寝返り、別所配下の大名達も続々と従います。
長治の居城「三木城」を攻め、再び播磨制圧を目指す秀吉&官兵衛ですが、今度は秀吉の後方支援役を務めていた摂津(現在の兵庫県東部&大阪府北部辺り)有岡城主・荒木村重が織田信長に反旗を翻し、更に主君・小寺政職も織田方からの離反を企みます。
播磨の中で、官兵衛は完全に孤立してしまったのです <`ヘ´>

“官兵衛よ、荒木村重を織田方に戻る様説得出来たら離反は思いとどまるぞい・・・”
と、小寺政職に告げられた官兵衛は村重を説得する為、単身「有岡城」に出向きました。
村重と親交があった官兵衛には説得する自信&村重への信頼があったのではないでしょうか。
しか~し・・・!

「有岡城」へ到着するや有無を言わさず捉えられ、牢屋に閉じ込められてしまいます。
小寺政職から村重へ“官兵衛が訪ねたら、そちらで殺してほしい”という依頼があったのです。
官兵衛は主君からも完璧に、超完璧に裏切られていたのです (ToT)/~~~

さて、村重の説得に行った官兵衛が一向に帰って来ない事に不信感を持った“第六天魔王”織田信長。
“帰って来ないという事は裏切ったという事だ~!”
という解釈をし、人質である官兵衛の嫡男・松寿丸の処刑を命じます。
その処刑役を買って出たのが、我らが竹中半兵衛です (ー_ー)!!

主君や同志の裏切りの嵐。
その上に息子まで処刑されてしまう・・・
人生最悪のこの時を、官兵衛はどう乗り越えたのでしょうか。
そして“戦略のアーティスト”竹中半兵衛は官兵衛の危機をどの様にして救ったのでしょうか。

その後も“本能寺の変”、“中国大返し”、“関ヶ原の戦い”など、戦国時代の王道の見所が満載のこれからの“軍師官兵衛”。
続きは明日25日以降、毎週日曜日20:00からの放送を御覧になって下さい m(__)m
まだまだ全然間に合います!















a0248182_955537.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-24 11:11 | Comments(2)

菩提山城 その5






a0248182_8362181.jpg
















織田信長は・・・美濃を攻略し斎藤氏が滅亡すると、浪人中の竹中半兵衛を登用する事を考えます。
半兵衛の勧誘役を言い渡されたのは木下藤吉郎、後の豊臣秀吉でした。
秀吉は“三顧の礼”で半兵衛を誘ったと言われております。
実際は三度ではなく七度も八度も半兵衛の元を訪れ、世間話を繰り返しゆっくりと口説いて行ったとも。。。
秀吉の才能を見抜いた半兵衛は、信長に直接仕えるのではなく、秀吉に仕える事で間接的に信長に仕えるという選択をしました。
本来なら信長も気を悪くしそうな半兵衛の選択だったのでしょうが、信長も半兵衛の有り余る才能を見抜いての異例の妥協であったでしょうし、秀吉にとっても半兵衛の加入はその後の大出世への第一歩だったのだと思います。















a0248182_8374668.jpg
















a0248182_838537.jpg
















a0248182_840147.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-23 09:09 | Comments(2)

菩提山城 その4






a0248182_915280.jpg
















織田信長がなかなか攻め落とせなかった自らの主君の城「稲葉山城」。
竹中半兵衛は得意の調略(戦わずして勝つ戦法)でたった一日で落としました。
更に、
“美濃の半分を与えるから、私に城を明け渡しなさい!”
という信長の命令にも、
“私は領国は要りません。お殿様を諌める為に行っただけです。”
と、城はあっさり主君の斎藤龍興に返し、自らは隠居したそうです。
時に半兵衛21才。
たった16人での「稲葉山城」調略劇でした。















a0248182_93218.jpg
















a0248182_945567.jpg
















a0248182_955673.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-22 09:09 | Comments(2)

菩提山城 その3






a0248182_9415989.jpg
















織田信長の正室・濃姫さんのお父さんは“美濃のマムシ”と恐れられた斎藤道三。
居城は信長が幾度となく攻めてもなかなか落ちない難攻不落の「稲葉山城」、現在の「岐阜城」です。
その道三の子で濃姫さんのお兄さん(多分)の斎藤義龍が竹中半兵衛の主君で、義龍の死後はその息子の龍興に仕える事となります。
さてその龍興、酒に溺れて政(まつりごと)など顧みようとせず、特に優れた所も無い主君だった様であります。
更に、生まれつき病弱で色白、槍働きなどが得意ではない半兵衛を家臣共々軽んじておりました。
主君・龍興と家臣達の嫌がらせに業を煮やした半兵衛は、ある作戦を決行するのです・・・















a0248182_9431835.jpg
















a0248182_9444168.jpg
















a0248182_9454399.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-21 10:10 | Comments(2)