<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

天海大僧正之像 その7






a0248182_12115192.jpg
















陰陽道の思想で五行五色の思想というものがあるらしいのです。
万物は五行と五色の要素で成り立っているという考えです。
天海はこの思想に基づいて、「江戸城」を中心とし周りに五色の不動明王を置き「江戸城」を守護する力を高めました。
“五色不動”の建立です。

目黒不動(瀧泉寺)
目白不動(金乗寺)
目赤不動(南谷寺)
目青不動(教学寺)
目黄不動(最勝寺)

地名が先か不動尊の名前が先か・・・いずれにしても名残と思われる地名が都内に残っておりますね。















a0248182_1224315.jpg
















天海は京に負けない町づくりを江戸で行いました。
その筆頭が“東の比叡山”寛永寺の建立ですが、寛永寺がある上野を京に置き換えて吉相を高めたのです。
不忍池は琵琶湖、清水観音堂は清水寺にそれぞれ見立てて、
そして政治中心の町である江戸でしたが、一般庶民の娯楽として吉野から桜を移植し上野は桜の名所となったそうです。
都心の桜は今まさに満開の模様ですが、今年の花見は天海の功績を想いながらしっぽりと・・・なんていうのも乙かもしれませんね~。















a0248182_12251083.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“桜”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-03-31 13:13 | Comments(2)

天海大僧正之像 その6






a0248182_1736095.jpg
















徳川のお墓。
初代・家康は久能山東照宮(静岡)と日光東照宮の二か所。
2代目・秀忠は徳川家の菩提寺である増上寺(東京・芝公園)。
そして3代目・家光は上野の寛永寺ですが、この寛永寺こそ天海の進言により建てられた新たな菩提寺です。
徳川幕府を安泰に導く為、「江戸城」の鬼門の方角に建てられているそうです。
「平城京」の鬼門の方角にある比叡山延暦寺の如く、まさに“東の比叡山”、東叡山寛永寺です。















a0248182_17403272.jpg
















寛永寺            増上寺
4代目・家綱         6代目・家宣 
5代目・綱吉         7代目・家継
8代目・吉宗         9代目・家重
10代目・家治        12代目・家慶
11代目・家斉        14代目・家茂
13代目・家定



寛永寺の建立は、一方の寺に権力が集中する事を防ぐ役割を果たし、結果的にはバランスが保たれたという事でしょうか。
ちなみに、15代目・慶喜だけは寛永寺近くの谷中霊園(台東区谷中)に眠っております。
亡くなった時、慶喜は既に“将軍”ではなく、徳川幕府も無くなっていたからだそうです。















a0248182_17413598.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“桜”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-03-30 18:18 | Comments(2)

天海大僧正之像 その5






a0248182_1247917.jpg
















天海は京にも負けない様な都を築くべく、江戸の町に様々な布石を打ったり仕掛けを施したりしていました。
方位学や占星術に長けていた天海ならではの仕掛けの数々、現在の首都・東京のあちこちに見られます。。。















a0248182_12484417.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“桜”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-03-29 13:13 | Comments(2)

天海大僧正之像 その4






a0248182_10385276.jpg
















金地院崇伝(こんちいんすうでん)という方を御存知でしょうか?
天海と同じく家康に仕えていた僧で、崇伝が係わった話として有名なところでは豊臣秀頼が建てた“方広寺”の鐘に刻まれた文にいちゃもんを付けた“方広寺鐘銘事件”が挙げられます。
“国家安康”は“(家と康の間に安を挟んでいるので)家康の名前を二つに割り呪っている”
“君臣豊楽”は“豊臣家を主君として楽しむ”
という因縁を付け豊臣を挑発し“大坂の陣”勃発のきっかけとなりました。
御存知の通りこの戦で豊臣は滅亡するのですが、この言い掛かりを考えたのが崇伝だったという説があります。


そんな崇伝と天海、家康の神号をめぐり対立します。
崇伝の主張は“大明神”。
天海の主張は“大権現”。
決め手となったのは天海の発言でした。
「大明神=神社。
大権現=宮。
(神社よりお宮の方が格が上)
滅亡した豊臣を祀っているのは“豊国神社”で神社というのは後世まで栄えず縁起が悪い。
大権現、つまり“東照宮”こそふさわしい。」
という内容だったそうです。
ここに“神君”家康公が誕生。
家康を神にしたのが南光坊天海でした。















a0248182_10542737.jpg
















日光東照宮の方を向き、神君家康公を見守るかの様に立っています。















a0248182_10563240.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“桜”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-03-28 12:12 | Comments(2)

天海大僧正之像 その3






a0248182_11183787.jpg
















この銅像があるのは日光です。
“家康と日光”と言えば、日光東照宮です。
“家康の遺体を日光に祀り、徳川の守護神とする”という大事業の形が日光東照宮の建立ですが、その発案から実行まで非常に深く係わったのが天海でした。















a0248182_11301933.jpg
















a0248182_11461784.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“桜”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-03-27 12:12 | Comments(2)

天海大僧正之像 その2






a0248182_11521180.jpg
















1608年、駿府城にて天海は徳川家康と初めて顔を合わせます。
家康65才のこの時、天海は72才。
健康おたくの家康より7才も年上でした。
長寿の秘訣を伝授したり、家康に初めて納豆を勧めたのも水戸黄門ではなく天海だったとか。。。
これを機に家康の側近になり、2代目・秀忠、3代目・家光と、徳川三代に仕え、106才で大往生します。
しかし、1608年といえば“関ヶ原の戦い”も終わり、天下の形勢もほぼ決まっていた時期、駿府に隠居した家康にも当然多才なブレーンが取り巻いていたはずです。
なぜ、この時に天海が必要だったのでしょうか?















a0248182_12233639.jpg
















実は天海が本当の意味で活躍したのは、家康が亡くなってからの事でした。
家康は自分の死後をを見据えて天海を雇った?のではないでしょうか?















a0248182_1262810.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“桜”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-03-26 12:12 | Comments(2)

天海大僧正之像 その1






a0248182_11442425.jpg
















「天海大僧正之像」と、台座に刻まれております。
一般的には“南光坊天海”という名前の方が浸透しているでありましょうか。
“大僧正”とは僧の最高の位という事で、と~っても偉いお方であるのは間違いありません。















a0248182_11502988.jpg
















で、このお方、何者かというと・・・
織田信長を討った明智光秀。
“本能寺の変”直後の秀吉との戦“山崎の戦い”で敗走中、落ち武者狩りに会い命を落としたと伝わっておりますが、実は死んでおらず“南光坊天海”と姿を変え生き延びていたのです。
この、と~っても偉い僧侶は明智光秀の生まれ変わりなのです!
・・・などという噂も囁かれている人物です。















a0248182_1201011.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“桜”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-03-25 12:12 | Comments(2)

予告






首都圏も今週後半ぐらいには桜開花のニュースが聞こえてきそうです。
東京の上野は桜の名所の一つでありますが、そうなったのはこの方のおかげなのだそうです。
“東の都”である東京の基盤となる町づくりをした僧侶です。















a0248182_10201013.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“桜”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-03-24 10:11 | Comments(2)

城と桜 その3






“城と桜”、天守閣や櫓が写っていない写真の方が私は落ち着きます。















a0248182_116342.jpg


熊本城















a0248182_1172048.jpg


竹田城















a0248182_1195932.jpg


石垣山城















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“桜”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-03-23 02:02 | Comments(2)

城と桜 その2






撮影した当時は“良い写真だ”と思っても、時間が経つと感じ方が変わってきます。
何だか・・・昔の自分自身の映像や写真を見ている感じで、こそばゆいです。















a0248182_1049256.jpg


勝竜寺城















a0248182_10502387.jpg


亀山城















a0248182_10513788.jpg


名古屋城・清洲櫓















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“桜”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-03-22 11:11 | Comments(2)