<   2013年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

清洲城 その9






a0248182_3421445.jpg
















信長の次男・信雄が城主の時に大天守や小天守などが造営される改修が行われたそうです。
“清洲城=織田信長”のイメージではありますが、想像で建てられたという模擬天守や復元された石垣など現代の「清洲城」は信長時代のそれとは違う姿なのかもしれません。















a0248182_3462546.jpg
















a0248182_3472984.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“りんご”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2013-10-31 04:04 | Comments(2)

清洲城 その8






a0248182_257483.jpg
















主な歴代城主は、

織田信秀(信長の父)
織田信長
織田信忠(信長の嫡男)
織田信雄(信長の次男)
羽柴秀次(秀吉の甥で後の関白・豊臣秀次)
福島正則(秀吉の腹心)
松平忠吉(家康の四男)
徳川義直(家康の九男)

三英傑ゆかりの人々ばかりであります。
現在は名古屋ですが、それ以前の愛知県の県庁所在地的な場所は清洲だった様ですね。















a0248182_3334581.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“りんご”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2013-10-30 03:03 | Comments(2)

清洲城 その7






a0248182_1551074.jpg
















天守閣最上階から「清洲古城」(清洲城跡地)方面を望みます。
新幹線&東海道本線の線路で跡地が分断されてしまっております。



天守閣方面から橋を渡るとすぐ右側には、発掘された石垣が復元展示されております。















a0248182_1594087.jpg
















a0248182_20378.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“りんご”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2013-10-29 02:02 | Comments(2)

清洲城 その6






a0248182_0404110.jpg
















この橋の下に五条川が流れております。
川を挟んだ天守閣の向こう岸、つまりこの写真を撮っているこちら側が「清洲城」跡地という事らしいのです。
「清洲城」の神髄は、天守閣の反対岸で感じる事が出来るはずです。















a0248182_0451980.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“りんご”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2013-10-28 01:01 | Comments(6)

清洲城 その5






a0248182_4594063.jpg
















例えば「姫路城」。
現在は“平成の大改修”の真最中の為天守は望めませんが、日没直後のまだ明るい頃からライトアップが開始されておりました。

「清洲城」、現在はどういうシステムになっているか不明ですが、私がこれらの写真を撮った時は暗くなってもすぐにはライトアップはされませんでした。
日没から暗くなるまでのほんの数分間が一番面白い時間なのに・・・















a0248182_505979.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“りんご”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2013-10-27 05:05 | Comments(2)

清洲城 その4






a0248182_1331724.jpg
















史実とは異なる模擬天守とはいえ、平成時代の「清洲城」天守閣はこの町のシンボルである事に異論はありません。
そして、この天守閣が建っている場所が仮に跡地ではないとしても、この町の「清洲城」から織田信長は“桶狭間の戦い”に出陣し、戦国の世にデビューした事も間違いの無い事でしょう。
その当時を妄想させるきっかけとしては十分の、平成の「清洲城」ではないでしょうか。















a0248182_1463494.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“りんご”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2013-10-26 02:02 | Comments(2)

清洲城 その3






a0248182_0174571.jpg
















平成元年、旧・清洲町の町制100周年を記念して建てられた模擬天守です。
古写真や資料などを基にした天守ではなく想像で建てられた天守という事なので、やはり“観光用”と言ってもいいと思います。
この天守が建っている場所ですが、前回は“この場所付近に「清洲城」が存在した”という表現をしました。
それは、天守のすぐ隣に流れている五条川を挟んだ向かい側が実際の城跡だという説もあり、あの様な表現になりました。
現在天守が建っている場所は実はお城の跡地ではないかも・・・という事ですね。

つまり、現在の「清洲城」天守閣を簡潔に説明すると、、、
“「清洲城」跡地付近に、想像で建てられた模擬天守”
という感じでしょうか。。。















a0248182_0332280.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“りんご”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2013-10-25 01:01 | Comments(2)

清洲城 その2






a0248182_02061.jpg
















お城に全く興味が無かった頃でも名古屋から新大阪方面行きの新幹線に乗るとこの天守閣が目に留まり、とても入り気になる存在ではありました。
“わざわざ新幹線の中から見える様に建てているから、きっと町の宣伝用のお城なんだろうな~・・・”
なんて事を思いながら天守閣を眺めていたものです。

確かに天守閣はPR的要素が高いお城ではありますが、肝心なのはその場所です。
織田信長が天下統一への出発点となったお城こそ、この場所付近に存在した「清洲城」でした。
わざわざ電車から見える場所に建てたのではなく、線路上のこの場所がまさに城跡だったのです。
何の意味も無い、ただの“なんちゃって天守”というわけではありません。
それどころか、信長を語る上では必ず訪れなければならない場所だったのです。















a0248182_0232787.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“りんご”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2013-10-24 01:01 | Comments(2)

清洲城 その1






a0248182_031431.jpg
















現存する天守閣は全国に12城しかありません。
その他の天守閣は昭和や平成の世になってから復元されたもの、又は観光用として建てられた本来のものとは全くの別物など、スタイルは多様ですが12現存天守以外のすべての天守閣は近年建てられたレプリカです。



名古屋駅から新大阪方面へ向かう新幹線に乗車して間もなく、右手側に“いかにも・・・”といった感じの天守閣が見えます。
どう見ても観光用・・・という意味の“いかにも”なのですが、、、
それが「清洲城」天守閣でした。















a0248182_0515666.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“りんご”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2013-10-23 01:01 | Comments(2)

織田信長公&濃姫之像 その7






a0248182_1465648.jpg
















a0248182_149080.jpg
















a0248182_1501313.jpg
















いつか、何かの機会に信長さんの側に移設させる為に、濃姫さんの銅像はわざわざ離れた場所に置かれていたのです。
・・・って、私は勝手にそう思っております。















a0248182_1522046.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“りんご”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2013-10-22 02:02 | Comments(2)