伝説の「一二三食堂」






“味噌カレー牛乳ラーメン”など新規のお店を開拓する事も遠方に行った時の楽しみの一つですが、その土地へ行く度に必ず寄るお店を訪問する事も、これまた楽しみにしている事なのです。
青森へ行ったら必ず寄るお店は、青森駅前にある「一二三食堂」です。
外観は、歴史を感じるまさに“昭和の食堂”という雰囲気。
海鮮や肉類、そして鍋などの各定食やおつまみetcを高ボリューム・低料金で提供してくれるお店です。
私がよく注文していたのが“さしみ盛り合わせ定食”です。
御飯&味噌汁に、メインのまぐろ・ほたて・いか三種のさしみ盛り合わせ。
そして煮物や漬物やデザートの小鉢が4点程でジャスト1,000円!
御冷はワンカップ大関の空きカップで持って来てくれるという、おちゃめな食堂です。


されど・・・
もう「一二三食堂」はありませんでした。
「喫茶一二三」という形で“一二三”の名前は残して営業しているという情報を得てはいたのですが・・・
昔の面影を残しながらも、かなり変わった青森駅前の風景。
「一二三食堂」の跡地にあったのは、“一二三”の名が消えた小洒落たおそば屋さんでした。
その店舗の日除けの赤い部分に、辛うじて“一二三”の名残を発見。
間違えなく、この場所に「一二三食堂」があったのです。















a0248182_8351430.jpg
















a0248182_8361260.jpg
















日々、日常の風景は変化しています。
構図や露出は関係ありません。
とりあえずシャッターを押しておく事、そしてその写真を保存しておく事が大切だと思います。
今は何でもない風景写真も、将来は貴重なものになる・・・かもです。















a0248182_8371593.jpg
















a0248182_8381287.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“紅葉”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-11-05 10:10 | Comments(0)
<< お岩木山 ♪ そば工房 玄 その2 >>