竹中半兵衛重治公之像 その3






a0248182_16284922.jpg
















黒田官兵衛は、仕えていた豊臣秀吉や徳川家康の両天下人に恐れられる存在でした。
官兵衛が発する天下への野心を感じ取り、警戒されたのだと思います。
対する竹中半兵衛は・・・
生まれつき病弱だったせいでしょうか、手柄や出世には全く興味がありませんでした。
純粋に戦に勝つ事だけを追求・・・いや、美学を持って戦を制する事を追求した“アーティスト”だったのかもしれません。
限られた短い命を精一杯、自分を貫いて美しく生き抜いた武将だったと思います。















a0248182_1629449.jpg
















「人気ブログランキング」に参戦中です。
“クローバー”をクリックするとポイントが加算され、順位に反映されます。
本日も1クリック、宜しくお願いします!

人気ブログランキングへ
[PR]
by keta871 | 2014-05-18 17:17 | Comments(2)
Commented by あい at 2014-05-23 12:54 x
ご無沙汰しておりました…
私的には、半兵衛のような日本人が大好きです。
エネルギーを与えてくれる、前面に出るタイプのリーダーではなく。
控えめで思慮深い方。
そうなりたいです。
Commented by keta871 at 2014-05-24 09:18 x
あいさん
戦国時代は・・・いや、現在も同じでしょうが、やはり自分が何をするべきか分かっている人が生き残るのだと思います。
信長や秀吉には出来なくて自分に出来る事を半兵衛は分かっていたのでしょうね。
尚且つ半兵衛は自分自身を貫く事が出来た数少ない武将だったのではないでしょうか。
<< 菩提山城 その1 竹中半兵衛重治公之像 その2 >>